企業の永続的発展においては「事業承継」という局面が必ずやってきます。しかしながら、近年の国内人口の減少・高齢化という中、後継者が見つからず廃業を選択する企業もあり、今後はさらに増加していくことが予想されます。これまで継続して築いてきた御社の事業を次世代へバトンタッチするためには、ある程度の時間と入念な準備が必要です。

事業承継に欠かせない経営改善と人材育成

事業パートナー東京では、御社が経営改善により利益の上がる会社へと経営を強化できるようご支援します。
同時に、後継者育成をされるにあたり必要な支援や教育をご提供します。

承継したくなる会社づくり

現在の御社の貸借対照表において、「累積利益剰余金」はいくらになるかご存知ですか?
その数字があなたの事業がこれまでに培ってきた成績になります。
それが良ければ事業承継者は現れます。それが悪ければ、改善しないと事業承継は難しくなります。まず事業の改善の見込みを考えて見ましょう。

また事業を承継するにあたっては、必ず「税金の問題」と「相続の問題」が出てきます。
これらの課題に対し、活用できる制度や対応策について常に最新情報を得、準備することで、バトンタッチされた後継者も、より円滑に経営を進めやすくなります。

・税金⇒ 事業承継税制の改革で、申請をすれば株の譲渡による税金は免れます。事業承継税制を活用するかどうかを検討しましょう

・相続⇒相続対象者が多い場合はそれに対する備えを準備しておきましょう

お気軽にお問い合わせください。03-6206-8453受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ