売上は上がっていても、資金繰りに腐心している経営者は少なくありません。事業再生においては勿論のこと、収益改善に「資金繰り改善」と「金融政策」は欠かせません。ややもすると急場を切り抜けるための場当たり的な対策を取りがちな「資金繰り」ですが、事業パートナー東京では、専門家が先を見据えた資金繰り改善をしっかりとサポートします。

資金繰りが厳しいとき、あなたならどうしますか?

資金繰りが厳しいときに、借り入れ増額を考えたりしていませんか?借り入れを増額すると、同時に今後の返済額も増加することになります。まずは事業の中での資金の流れ(キャッシュフロー)を整理してみましょう。

「資本の利益化」への道筋が見えてきたら、事業計画に落とし込み、金融機関との折衝に入ります。

とはいえ、資金繰りについては、同じような悩みをどこの企業も抱えているのが現状です。それを社長一人、あるいは一社だけで抱え込む必要はありません。
まずは、事業パートナー東京へお気軽にご相談ください。


お気軽にお問い合わせください。03-6206-8453受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ